愛し合い方

2000人と愛し会いたい・・・

埋没毛の悩み 原因・予防・対策について

Published / by mmooee11

埋もれ毛は私だけではなく多くの女性の共通した悩みであると思います。見た目も悪いですが、放置しておくと時折その部分の皮膚が赤く、少し腫れてしまう場合があります。

私の場合、埋もれ毛の原因が中学生ころから始めた毛抜きやカミソリでの処理であると思います。

また無理に短い毛を抜こうとしたため、皮膚を誤って強く引っ張ってしまい、皮膚がかさぶたのようになり、そのかさぶたの下から生えてきた毛が気になり、また無理に毛を抜こうとしてしまう、という埋もれ毛の原因となる行為を悪循環的に行っていたと思います。

また当時は脱毛などはとても値段が高く中学生の私が行けるわけではありませんでした。毎日のようにカミソリで処理をしていたことも、肌を傷つけ、埋没毛を作ってしまう原因であったと思います。

今は毎日カミソリは使わず、ある程度毛が伸びてから使用し、肌を傷めないように気を付けています。

どうしても埋没毛が気になるときは、毛抜きを使うのではなく、お風呂中にその部分の皮膚のマッサージを入念に行い、その後にボディースクラブを優しく肌にあて、マッサージを行います。それだけでも肌が柔らかくなり埋没毛が目立たなくなったように感じます。

私の場合、ボディースクラブを使用した後は肌がとても乾燥するので、お風呂から上がったらすぐにクリームを使用するようにし、肌はつねに柔らかく保ち、埋没毛が出来にくい肌作りを心掛けています。
☆埋没毛用のクリームもあります・・http://xn--pck4e3a2ez72xkjfg64aikbh41e.net/

多くの人が脱毛をお勧めしていましたので、私も一時期通っていましたが、埋没毛の変化はあまりなかったように感じます。それよりも日々の肌ケアが埋没毛には一番効果的であると実感しています。

脱毛するなら自宅かエステのどちらが得か

Published / by mmooee11

ムダ毛の処理は大変なものですが、最近では家庭用の脱毛手段も多数の選択肢があるため、自宅で出来る脱毛処理に関する手間は少なくなってきました。

しかしそれでもエステやサロンの需要は逆に増え続けているということもあり、自宅でするか脱毛サロンなどの本格的な施設でムダ毛処理を行うかで悩んている女性も多いです。

そういった場合には、予めそれぞれのメリットデメリットを知っておくことで、自分に合った脱毛店を見つけることが出来ます。

・メリット

エステやサロンを利用するメリットとしては、最新の設備を利用できると言うポイントが、特に大きな利点になります。
また、光アレルギーのテストなども多くの店が行っているので、安全に処置をするなら専門店で行った方が得策です。
VIO脱毛のように自分ではやりにくい部位の脱毛ができます。(VIO脱毛

自宅で出来る脱毛はいつでも自分の好きな時に処理できるというメリットもありますが、エステも事前予約などが充実しているので、自分の都合の良い日時を決めて通うことが出来ます。

・デメリット

家庭用の脱毛アイテムなら一回購入すればそれ以上の費用が掛かりませんが、お店に通う場合には継続的に費用が発生します。
しかし対費用効果として考えるならば、本格的なプロの脱毛処置を受けることが出来るエステの方が、総合的に見てお得な場合もあるのです。

毎回お店に通わなくてはならないという点も、駅に近いお店を利用すれば解決することなので、そういった点も含めて脱毛店を探していくのを心がけましょう。

自宅で出来る脱毛では、処理残しがどうしても出てしまいますが、専門店の場合にはそういった心配が無いのも魅力です。

ムダ毛と肌の悩みから一気に解放してくれた脱毛サロンの効果

Published / by mmooee11

今現在、私は電気シェーバーで1年に1,2回ムダ毛処理をしています。
勿論、昔からこの頻度であったわけではありません。

元々はムダ毛が多く、毛質もしっかりしていたため、ムダ毛処理には相当苦労してきました。カミソリで毎日のようにムダ毛処理をし、冬場は肌を露出することが無いので伸ばしっぱなしという生活でした。

それでも、肌は紙カミソリ負けで荒れてしまい、赤いプツプツとした毛穴が目立つようになってきました。

そんな時に出会ったのが脱毛サロンです。
初めは半信半疑でしたが、カウンセリングに行き、カミソリでの処理は肌の大事な角質まで削ってしまうので肌によくないことを知ります。

それから約2年間、恵比寿の脱毛サロンに通い、脱毛を受けてきました。(こちら⇒恵比寿脱毛
その間は、絶対にカミソリを使わず、スタッフの方に言われたように電気シェーバーで剃るようにしました。

最初は毛量も多いので大変でしたが、段々毛質が変わり毛量も減り始め、処理の回数もどんどんと減っていきました。

そして一番重要だと言われた保湿ですが、夏場でもしっかり処理することにより、より脱毛効果が出るのだと言われ、毎日お風呂上りには入念に保湿するようになりました。

結果、ワキはほぼ毛が生えてこなくなり、手足も目立たない程度の薄い毛が生えるくらいになれたのです。

今は私の周りでも、脱毛サロン通っているという子が増えてきました。
昔に比べて、脱毛の料金も下がり、人にムダ毛のことを話すハードルも下がったように思えます。

私には娘がいるのですが、自分がムダ毛で苦労した経験から、年頃になったらワキ脱毛だけでも受けさせてあげようと思っています。

早くからサロンでの脱毛を受けることで、私の様に、毛穴や黒ずみで悩むということが無くなると思うからです。

お安いお試しプランが沢山出ている今、脱毛を受けてみないと絶対に損だと思うので、悩んでいる方にはおすすめしてあげたいです。

何故か埋もれ毛が発生する脇。取り除くのも痛くて辛い!

Published / by mmooee11

【こんな方には痛くない脱毛がおすすめです】

女性なのに子供の頃から毛深いのが悩みで、特に自分の見た目を凄く意識する様になった中学から毛の処理をしています。
中学の時は近所の電気屋で、自分のお小遣いで電池式シェーバーを買って、マメに毛の処理をしていました。
高校に入ってからは、もっと毛の処理に対してシビアになり、シェーバー処理だと残るザラザラ、チクチク感が嫌で剃らずに抜く派へ転向。

無駄毛を抜くのは凄く痛いですし、手間と時間がかかりますし、何よりその姿が物凄く間抜けで変な肩こりも起きるので嫌でしたね。
脚とか腕はまぁやりやすいのでいいのですが、一番ネックなのが脇です!
本数自体は他に比べると断然少ないんですけれど、油断してるとしょっちゅう埋もれ毛が発生しちゃうんです。
埋もれていない毛なら、はいはい~っという感じでササっと抜いていけるのですが、埋もれ毛だけはそうはいきません。
放っておいて毛の先端が出て来てくれるのならいいのですが、出てきてくれませんし、そうそう待ってもいられません。

仕方が無いので皮膚の一部をピンセットの角で少しだけ破って、埋もれてしまっている毛を引っ張り出して、抜くという作業をします。
これが・・・なかなか一発でうまくいくことはなく、だいたい2,3度無駄に皮膚を破ってしまいます。
それか、ひっぱるだけひっぱって、なかなか皮膚もうまく破れず、埋もれ毛を取り出す事が出来ないという状態に。

やっと取り出せても、普通に抜いた所よりもヒリヒリしますし、皮膚も痛んでいるのか時々血がにじんでくる事もありました。
三十路を超えた今でも、時々こういう間抜けな格闘をしています。
辛いし痛いし、何とか痛く無くて楽な対策は無いものかなぁと思っています。

脱毛の施術を受けたいけれど、時間やお金との相談

Published / by mmooee11

私は、脱毛するなら施術してもらいたいです。

理由は、時間はかかるけれど、最終的に自己処理がいらないきれいな状態になると思うからです。

自分で脱毛する場合、抜けずに残ってしまう場所があったり、背中などそもそも自分では抜くのが難しい場所もあります。

また、自己処理だと剃った場合よりは長持ちするにしても、またいつか脱毛しなくてはならず、終わりがありません。

しかし、全身脱毛にはそれなりのお金がかかるので、基本的には自己処理しなくてはならないのが現状です。

私はひじ下やひざ下は、脱毛テープを使います。

テープを剥がす瞬間は少し痛いですが、耐えられないほどではありません。

まれにジェルが皮膚に残ってしまって落とすのが面倒な場合がありますが、使用方法を守っていれば、あまりないと思います。

脇はテープが使いづらいので、毛抜きで地道に抜きます。

最近は、できれば脱毛サロンより医療脱毛で施術してもらいたい、と考えています。

医療脱毛の方が、短期間で効果が出そうだからです。

以前、脱毛サロンに通って、脇だけ施術してもらっていました。

残念ながら、完全に脱毛が完了する前に通うのをやめてしまいました。

やめたのは引っ越し先の近くにサロンがなかったからで、施術内容に不満があったわけではありません。

通ったのは2年と数ヶ月でしたが、脱毛完了までまだしばらくかかりそうな状態でした。

施術にも金額にも不満はありませんでしたが、サロン脱毛は時間がかかるので、根気よく通う必要がありますね。

同じ趣味を持つことが夫婦円満の秘訣です。

Published / by mmooee11

同じ趣味を持つことが、夫婦円満の秘訣ではないかと思います。

同じ趣味を持つと、何より会話が増えます。日常の出来事の会話ももちろんしますが、趣味の話でも盛り上がることができます。お互い興味のある話ですので、話が尽きることもありません。必ず、毎日会話することができます。

また、それに伴って一緒に出掛ける機会も増えたりします。出掛けている間も、常に頭には趣味のことがあるので、楽しい気分で外出することができます。もちろん、その移動中の会話は趣味の話で途切れることはほとんどありません。

趣味にはお金がかかる場合も多々あります。そんな時にも、共通な趣味であれば、それにお金をかけることを咎めたりすることもありません。寧ろ、その趣味においてお互い理解し合っているので、それにお金をかけることを相手にわかってもらえます。

お互い好きな趣味に思う存分没頭することができ、しかも2人で一緒に楽しく過ごせるので、同じ趣味を持つことは、最高の夫婦円満の秘訣だと思います。